専業主婦 即日融資

MENU

即日融資可能な専業主婦カードローンはどこ?

収入のない専業主婦は総量規制の適用内の消費者金融や信販系のカードローンでは申込を受け付けていませんので借りる事はできません

 

残るは総量規制の対象外の銀行ですが、銀行のカードローンなら専業主婦でも申込が出来ます。しかし、銀行のカードローンも慈善事業えおしている訳ではないので収入のある配偶者の方をしっかり審査します。

 

借入額によっては収入証明(源泉徴収票や所得証明書など)や配偶者の勤務先に在籍確認の電話が掛かったりしてしまいます

 

 

  • 旦那に内緒で申込みたいのでそれでは困る
  • 旦那に余計な心配をかけたくない

専業主婦がカードローンを申込む際はみなさんこういった事情なので旦那さんがしっかり審査されるカードローンでは申込みにくいのが現状です。

小額融資に絞った専業主婦専用カードローンなら旦那に内緒で即日融資も可能

銀行には主婦にターゲットを絞ったカードローン・借入枠のある商品があります。最高で50万円程しか借りれませんが小額なので銀行のリスクが低く、収入証明なし・電話連絡なしで申込めるので旦那さんにバレることがありません

小額融資に絞った即日融資可能な専業主婦専用カードローン

金利 年利 9.0%〜14.0%
限度額 10〜200万

専業主婦・安定収入のない主婦の最高限度額が30万円で審査してもらえるじぶん銀行カードローン。月々の返済額は1,000円〜
最短即日融資手持ちの口座に振込みが可能。専業主婦の申込は収入証明なしで申込めるので旦那さんにバレることがありません。auユーザーなら金利0.1%優遇されます。

金利 年利 2.4%〜17.5%
限度額 最高 800万円

パートなどで安定収入があれば消費者金融で即日融資も可能

専業主婦カードローンでは即日融資には制限があります。上記に紹介した専業主婦カードローンでもほとんど各行の口座を持っていなければ即日融資は不可能です。手持ちの口座に即日融資可能なじぶん銀行カードローンでも土日祝日や銀行営業時間を過ぎれば即日融資は不可能になってきます。しかし主婦でも、

 

 

パートなどで安定収入があれば消費者金融で即日融資も可能


なのでパートをしている方は即日融資の可能性が広がってきます。大手消費者金融のどこがいいのかと言うと、

 

 

  • 自動契約機があるので※時間・曜日に関係なく即日融資可能
  • プロミス・アコムなら無利息期間もあるので利息が圧縮される

※審査がその日に完了しないと即日融資は受けられません。

 

パートなどで安定収入があれば大手消費者金融に申込むのが即日融資を希望する主婦には有利になってきます。

主婦の即日融資に有利な大手消費者金融
プロミス 【最短1時間融資】
SMBCコンシューマーファイナンス


プロミス

実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 最高500万円
アコム
三菱UFJフィナンシャルグループ

実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 最高800万円
モビット

実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 最高800万円

専業主婦が即日融資を受ける方法

収入のない専業主婦は本来お金を借りることはできない

専業主婦という立場は、「金融」という分野では少し特異な存在です。それは、専業主婦の人は外に働きに出ているわけではないため、個人的に収入を得るための手段というものがないからです。

 

言うまでもなくキャッシングを利用するためには、ある程度安定した収入が必要となります。収入がないということは、それだけでも返済能力が低いということにもつながりますので、お金を借りることがかなり難しくなります。

総量規制により消費者金融は制限される

理由はそれだけではありません。消費者金融を利用してお金を借りる場合、総量規制という法律の規制を受けることになります。この法律では、消費者金融でお金を借りる場合の上限金額を規定しており、それによると年収の3分の1を超えて融資を受けることはできないとされています。

 

つまり、そもそも年収がない専業主婦の人の場合は消費者金融からお金を借りることはできません。では専業主婦の人の場合はお金を借りることができないのかといえば、結論からいくと可能です。

銀行からの借り入れが専業主婦の唯一の借入先

総量規制が規制する対象となるのは消費者金融での借入であり、銀行からの借入は規制の対象外となっています。つまり、銀行の展開するカードローンであれば収入のない専業主婦であってもキャッシング 専業主婦ができます。

 

この場合は配偶者の返済能力をもとに融資を受けることになりますので、もしも配偶者に既に多額の借入がある等の問題がなければ、融資を受けることができるでしょう。

銀行から借り入れる際は配偶者(旦那さん)への在籍確認に注意

では、専業主婦が即日融資を受けたい場合はどうかというと、これも銀行のカードローンで即日融資に対応したものであれば可能性はあります。ただし、その場合に注意したいのが、審査における配偶者の在籍確認です。

 

銀行からお金を借りるため、平日に申し込むことになるのでほとんどの場合は問題ありませんが、たとえば配偶者の勤務先が定休日だったりした場合には審査を進めることができなくなります。

 

こうした理由から、もし専業主婦の人が即日融資を狙うのであれば、

 

 

  • 銀行のカードローンを利用すること
  • 配偶者の勤務先の稼働日に申し込むこと

といった条件が前提となりますが、自分が働いているのならアルバイトでも即日融資が可能となってきますよ。

専業主婦借入枠のある銀行カードローンなら即日融資の可能性も高い

前述のとおり、一般の銀行カードローンで配偶者の与信で審査を受ける場合には配偶者の会社への在籍確認を完了しないことには即日融資は受けられません。さらに配偶者の会社に在籍確認の電話が掛かるということは、

 

 

旦那さんにカードローンを申込んだことがバレてしまう


事にもなってしまいます。ですが当サイトで紹介している専業主婦にターゲットを絞った小額融資の銀行カードローンなら審査の簡素化により電話連絡なしで審査されますので配偶者の会社が休みでも関係なく審査が完了しますし、旦那さんにバレる心配もありません。

専業主婦の借入が大きく制限される総量規制

借入が難しくなった専業主婦を守る為の配偶者貸付

総量規制が施行されて以来、貸金業者からの借入総額は年収の3分の1までと制限されています。個人の方が多重債務にならないように施行されたのですが貸金業者からの借入が多く年収が少ない人は借りにくくなってしまいました。

 

この総量規制により収入の無い専業主婦だと貸金業者から借入できないと言うイメージがありますが、総量規制には例外として配偶者貸付と言う制度が設けられています。この配偶者貸付により

 

 

配偶者と合算して年収の3分の1までなら借入することが可能です。


収入の無い専業主婦の方でも借入できるように決められた例外です。配偶者貸付は消費者金融会社信販会社クレジット会社など貸金業者であれば適用が可能です。

専業主婦を守る為の配偶者貸付だが実際は・・・

しかし大手消費者金融会社では配偶者貸付を取り扱っていないです。それは配偶者貸付では

 

 

  • 配偶者の同意書
  • 住民票または戸籍抄本と言った婚姻関係を証明できる書類

が必要だからです。大手消費者金融ではスピーディーな対応をウリにしていますが、配偶者貸付では手続きが煩雑になり対応が遅くなるために取り扱っていないのです。

 

中堅の消費者金融であれば一部で取り扱っていますが少ないですし、金利が高いといわざるを得ないでしょう。申し込める貸金業者であっても

 

 

  • 配偶者の同意書
  • 住民票または戸籍抄本と言った婚姻関係を証明できる書類

が必要ですので内緒で借入すると言ったことはできないのが現状です。


やはり収入のない専業主婦の即日融資は銀行カードローン

住民票または戸籍抄本を準備するには手間が掛かってしまい急ぎの時には面倒なことになってしまいますので、やはり収入のない専業主婦の即日融資であれば貸金業者ではなく銀行のカードローンでなければなりません。上記の銀行のカードローンであれば

 

 

  • 総量規制の対象外
  • 収入証明も必要なし
  • 貸金業者のような配偶者の同意書も必要なし
  • 住民票または戸籍抄本と言った書類も不要

なので旦那に内緒で申込めて最短即日融資可能です。


利用限度額は少なくなりますが、収入証明書類も不要ですので配偶者の方に内緒で借入することが可能です。その代わり

 

 

ローンカードが自宅に届きますので配偶者の方に見られないよう注意することが必要です。


中にはご来店してローンカードを受け取りできる銀行のカードローンが見られますのでこれなら配偶者の方に見られずに受け取りできます。

更新履歴